ブランドの戦略、成功の例について

ブランドの戦略、成功の例について書かせて頂こうと思ますけれども、やはりブランドの力ってスゴイですよね。私も好きなブランドってあるんですよね。鞄なんてそこのものがやはり一番素敵に見えるのでついついお高いですけどそこのを買ってしまうようになりましたね。年齢が上になるにつれてあまり安物のかばんや時計を持っているのもなんだかなと思ってね。洋服にはあまりお金はかけませんけど、長く持つことが出来る鞄や時計などにはついついお金を使ってしまいますね。ブランドではやはり著名人が持っているとか聞くと欲しくなる人は女性には良く多いのではないでしょうか。それに、良く目立つようなロゴなどが見えている感じですと、良い物を持っている自分と言うのが嬉しかったりしますからね。戦略としては、こういうのが結構成功するんじゃないかなと思いますね。

連鎖式の成功が味わえるブランドの戦略の例

企業にとって目玉商品を一つ生み出せるかどうかということで今後の経営戦略は大きく変化してきます。まずヒット商品をつくり、自社の企業イメージをブランド化することができるようになれば、連鎖式で他の商品がヒットしていくという可能性も高くなります。そういう例としては、似たような季節ものの服を出しても、夏の洋服がヒットしていると秋・冬・春、にもその企業のブランドを気に入ってくれた顧客が固定客としてまた購入してくれるという好循環があります。まさに、ブランドというのは連鎖を生み出すものだと思います。特別他の商品が完璧なものでなくとも、ここのブランドならば安心ということで購入してくれる人も多いでしょうし、そうなればますます口コミサイトなどで評判が広まるといった可能性もあります。いかにこの好循環の連鎖をつなげられるかが成功の鍵といえるでしょう。

ブランド戦略の成功例

いろいろな商品やサービスをターゲット顧客層に利用してもらう方法として自社の商品またはサービスのブランド化またはブランディングという手法が存在します。これはあるニーズやサービスが必要になった際にいち早く顧客の頭に自社商品またはサービスを思い浮かぶように仕向けるイメージ戦略の事です。成功例として挙げれば洗剤などの家庭消耗品や化粧品を展開する会社のイメージ広告などがそれにあたります。多くの場合何をブランディングするかという事が重要になってきます。会社名か、商品か、またはサービス名称など決める必要があります。多くの場合企業は事業本部制をしいて他方面に事業展開しているケースが多いのでブランディングにアピールする名称は事業本部ごとに考えるのがよいでしょう。ただし会社名称もアピールしたいとするならば会社自体の総合名称などを統合して事業本部ごとのブランディング名称と関連づけるなどの統一化が必要になります。これがよく用いられるケースはブランディングを確立している会社が統合や一方の会社を吸収する場合です。ブランディングはイメージをスマートに顧客層にアピールする手段として普及しています。