何か宣伝を目的とする上でチラシ印刷の必要性は大です。

何か事業をしているとチラシを作って宣伝するのは当たり前です。私の父も昔本業とは別に仕事をしていてその宣伝の為にチラシを作っていました。それに私の主人の友達も本業とは別に仕事をしていてその仕事との宣伝用のチラシを作っていました。チラシ印刷の必要性はもちろん事業をしていて宣伝をする為には必要な事です。何もしないで誰も何をしているのか分からないので宣伝をしないとみんな分かってくれません。チラシは自分達で時間のある時に配ります。アルバイトなんて雇ってしまうと逆にお金がかかるのでそれはしません。本業ではなくて副業なので費用はかけないようになおかつ稼がないといけないので必要のない経費は出せません。チラシ印刷を業者に頼むとそれなりにお金はかかります。

しかし、自分でも作ろうと思えば作る事は出来ます。しかし、業者に頼むほどの仕上がりではありません。しかし、どんな事をやっているのかさえ分かりさえすればいいのであれば全然自分でパソコンで作ったチラシで構いません。確かに業者が作ったチラシと比較すると自分で作った感じはよく出ます。しかし、分かればいいのでそんな派手な感じではなくてもいいのです。しかし、目立たないといけません。でも興味のない人にしてみれば結局はチラシはただの紙くずです。しかし、チラシを配っていればいつかみんなの目に止まるはずなのでそれを願って頑張って配るしかないのです。それに、チラシを配っていると意外と御問い合わせの連絡も入ってきます。なのでチラシをばかにしてはいけません。私もチラシ配りの経験がありますがあれは結構な労働です。それでも結構な反響もあるのであなどれないのがチラシです。

しかし、前私がアルバイトをしていた居酒屋ではお客さんが少ないのでお店のマスターが自分でチラシを作りました。そのマスターの作ったチラシを私達アルバイトがお店の暇な時間の時にそのチラシを外で配ったりマンションとかに配布したりも色々しました。そのチラシ配りは3ヶ月くらい続きました。しかし、そのチラシ配りの効果は全くなくなんとチラシを持って来た人は1人もいませんでした。チラシを見ての予約や御問い合わせの電話すらない状態で3ヶ月も続けてそのような状況だったのでそのチラシ配りは全く効果がないという事がわかりすぐに辞めてしまいました。効果があるものもあれば効果のないものもあるのだなとその時すごく感じました。マスターが一番落ち込んでいました。

Send a Comment

Your email address will not be published.

*